大魔王編(完)

大魔王は黒煙となって消えた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大魔王が、倒れた・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

闇に支配されていた空間は、ただの岩の部屋に変わっていた。

 

 

 

その時・・・

 

 

 

ごごごごごごご・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

大魔王の居城が大きな音を出して崩壊し始めていた。
マリコのソードシャイニングは大魔王の居城をも切り裂いていたのだ。

 

 

 

 


どうしよう、皆動けない!

 

 

その時、生き残った戦士達が入ってきた。
大魔王の影響を受けて強くなっていた魔族たちが一気に弱くなり、全部倒し、更にはマリコ達が入って行った部屋から闇が消えた事に大魔王が倒れたことを確信した為であった。

 

 


ついにやったのですね!

 


でもでも、皆が!!!
それに、城が崩れ始めている!
喜んでいる暇はない!!!!!

 

 

生き残った者達は、すぐに状況を把握した。

 

 


抱えあげろ!

 

 

動けないシルビ達をそれぞれが抱え上げ、崩壊する城を後にした。

 

マリコ達が出たと同時に、城は完全に崩壊した。

 

大魔王は倒れ、マリコ達は生き残った。
それに歓声を上げる戦士たち。

 

 


誰か治癒できる人はいないの!
ミランヌが!!!

 

 

ミランヌはかろうじて息をしている状態で、非常に危険な状態だった。

 

 


おい、お前。
すぐに治癒して差し上げろ!!!

 

 

わずかに治癒魔法を使える戦士が生き残っていた。
慌ててその戦士はミランヌを治癒した。
ミランヌはどうにか死を間逃れ、意識を取り戻した。

 

 


大魔王は!!!???

 


倒したわ・・・。

 


!!!!!

 

 

そのマリコの言葉と同時に更に大きな歓声が沸いた。

 

 


ざまあ、みろ・・・。

 


・・・。

 


これが死か・・・か・・・・・・。

 


宇宙と同時に産まれた者らしい最後ですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

マリコ達は崩壊した大魔王の居城を見つめた。
そして、思い出した。
大魔王の最後の表情を。
あの、安堵した姿を・・・。

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると、マリコ達のからだから、ミエラ、ウエスタ、ベルデア、ヴァムの魂が出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 


世界中の人々の心を一つに・・・・・・
私には出来なかった・・・。
ありがとう・・・。

 


お礼を言うのは私のほう。
あなたの力があったから、世界中の人々の心を一つに出来たの。
あなたの想いがあったから・・・・・・。

 


・・・。
さよなら、光の勇者マリコ・・・。
光り輝く魂を永遠に持ち続けてくれ・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


じゃあな、シルビ。

 


・・・ウエスタ。

 


情けない顔をするなよ。
俺はまた会えて嬉しかったぜ。

 


俺もだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう行くのだな、ベルデア・・・。

 


ランヴィが待ってるから・・・。

 


そうだったな・・・。

 


さよなら、ガラドゥ。
そして、ありがとう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


行かないで、ヴァム!

 


僕は死者だよ、ミランヌ。
死者は死者の世界へ・・・・・・。

 


でも、でも・・・・・・。

 


愛している、ミランヌ。
さよなら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ミエラ、ウエスタ、ベルデア、ヴァムは、消えていった・・・。
だが、消えていく魂の中に意外な者の姿が混じっていた。

 

 

 

 

 


ヘルガ!!!????

 

 

ヘルガの姿があったのだ。
その魂はマリコが最後に感じ取った力と同じものを宿していた。

 

そう、最後の力を与えたのはヘルガだったのだ・・・。

 

 


なんで、ヘルガが私に力を・・・・・・。

 


大魔王から引き剥がされたことによって、世界の人々の本当の魂の在り方に触れることが出来たのだろう。
それがヘルガの心に変化をもたらしたのかもしれぬ・・・。

 

 

マリコ達は去っていった魂を見つめ続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


戻りましょう、皆の下へ・・・。

 

 

続く

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。